スポンサードリンク

おすすめのお米ランキング
管理人おすすめのおいしいお米をランキング形式で紹介。プロが選ぶおすすめのお米です。


単一原料米と複数原料米の違い

お米には大きく分けて2つの種類があります。

一つが単一原料米、もう一つが複数原料米です。

単一原料米とは、同一の品種、同一生産地、同一生産年度のお米100パーセントで構成された米です。

一方、複数原料米とは、単一原料米以外のお米のことです。

前のページ(米袋の表示の見方)で説明した表記では以下のようになります。

 
           単一原料米                          複数原料米


原料玄米の項目を見ると、単一原料米は産地と品種と産年が同じお米が使われていることがわかります。

一方、複数原料米は、複数の産地と品種と産年のお米がブレンドされたものであることがわかります。

品種、産地、産年の内どれか一つが違っても、単一原料米にはならないのです。

90パーセントが魚沼産コシヒカリで、残り10パーセントが福島産コシヒカリでも、単一原料米の魚沼産コシヒカリにはならないのです。

米袋の表に、○○産コシヒカリや○○産ひとめぼれなどと記載できるのは、単一原料米だけです。

90パーセント魚沼産コシヒカリで、10パーセントが福島産コシヒカリで構成されたお米は、複数原料米扱いになり、米袋の表にも魚沼産コシヒカリと表示してはいけないのです。

魚沼産コシヒカリ9割使用米などと記載しなければなりません。

ところで、スーパーなどで売られているお米のほとんどは、○○産コシヒカリなどの表示がされているものばかりです。

つまりスーパーなどで売られているお米は、ほとんど単一原料米ということになります。表向きは。


複数原料米の表記には以下のようなものもあります。



このように複数原料米の内訳を書かずに表記することもできるわけです。

このように複数原料米は、中身のよく見えないお米なので、できれば避けたいところです。

複数原料米でも良いお米はたくさんありますが、できるだけ中身の分かる単一原料米を選びましょう。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています