スポンサードリンク

おすすめのお米ランキング
管理人おすすめのおいしいお米をランキング形式で紹介。プロが選ぶおすすめのお米です。


米袋の表示の見方

皆さんはお米を購入する際に、どのように選んでいますか?

多くの方が、袋の表に書かれた「魚沼産コシヒカリ」や「秋田産あきたこまち」などの表記を見て、値段と比べて選んでいることでしょう。

もちろんそれで問題ないのですが、米袋の裏に細かい表示があるのでそちらも確認するとよりベストでしょう。
(米袋によっては表に表示が有ることもあります)

米の販売は、他の青果物よりも厳しいトレーサビリティが法律によって求められています。

どのようなお米を、いつ、誰が作って、どのような経路で流通したのかを、農家や流通事業者が記録しなければなりません。

最終的に精米して袋詰めする業者は、米袋に法で定められたとおりの表記をする必要があります。

この表記が以下のようなものです。探してみてください。主に米袋の裏にあります。



これは法的に決められた表記の仕方です。すべての米袋にはこのような表示があります。

それでは見方を説明していきます。

名称は中身のお米をあらわしています。通常の白米は「精米」と表記されます。もち米の米袋には「もち精米」と表記されています。

一つ飛ばして、内容量は中のお米の重量です。

精米年月日は、中身のお米が精米された日付です。精米から時間が経ったお米は劣化が進んでいます。

なるべく新しいものを選びましょう。

販売者は、最終的に米袋に詰めた業者です。

さて、一つ飛ばした原料玄米ですが、これが一番重要です。

中身のお米の種類や生産された年、お米の構成比が記載されます。

このあたりは、次のページ(単一原料米と複数原料米)で説明します。








このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています